個人情報とシュレッダー

各家庭の個人が出す「ゴミ」が個人情報の宝庫であるとご理解いただいたところで、そうした情報を漏らさない「ゴミの出し方」をお教えしたいと思います。最近は家庭用のシュレッダーの売れ行きが伸びていると言われていますが、先ほども述べましたように、そろそろ「一家に一台」となってもいいくらい、必需品になりつつあります。

ゴミの量やシュレッダーを購入する必要性は各自違いますので、「絶対になくてはならないもの」と断言するものではありませんが、一台あるだけで情報漏洩を防ぐ大きな力となることは間違いありません。もちろん、機械を使わなくても、手で千切っても、ハサミで切り刻んでもいいのです。

それを簡単にしてくれるのがシュレッダーです。

なんて万能な機械なんでしょうか。

通常の手紙、年賀状などを処分するときも、差出人の情報も守るようにして捨てましょう。年賀状などはスキャナーで読み込み、データとして保存すると場所もとらず残すことができます。書類はこのようにデータ保存できるとスペースの余裕にもつながるでしょう。

とにかく、個人情報が記載された部分は確実に「判読不能」にしてからゴミを捨てることです。古い通帳や書類なども、知られたくない情報部分をやはり塗りつぶしてから、できれば、黒の油性ペン等で塗りつぶし(念を入れるなら裏表塗る)てから、シュレッダーにかけるか、ハサミか手で千切って捨てるといいでしょう。さらに、ゴミを数回に分けて捨てれば万全です。

こんなことをいちいちしなくてはならない世の中になってしまったのが、一番悲しいことですね。

女性は、下着などの衣類を捨てるときは、ハサミで細かく切り刻んでから捨てるようにしましょう。古いキャッシュカードや有効期限切れのクレジットカードなどは、ハサミで一回切って二つに分けるだけでは復元されてしまう危険性もありますので、必ずハサミでできるだけ細かく切ってから、やはり数回に分けて捨てましょう。

友人の女性が、ゴミの中から下着だけを盗まれたという話を聞きました。

そういったことが本当におこってしまうのですから、やはりなんでも細かく切ることが大切なんですね。

ゴミ集積所に収集日以外に捨てるとゴミを探られる危険性が高まりますので、できるだけゴミ収集車が来る直前に出すようにしましょう。たかがゴミ、されどゴミ。個人情報を探られないように正しいゴミの捨て方で、しっかりと自分の個人情報流出を防ぎましょう。個人が出す個人情報の管理は自己責任ですからね。

さあ、さっそくシュレッダーを買いに行かなくては。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>