女性の個人情報保護

 

個人情報保護法が施行させてから、個人情報を厳重に管理している人も多いでしょう。

しかし、厳重に管理をしているつもりでも、個人の情報は、どこかで漏洩しているのも事実です。

個人情報の漏洩には、ゴミの中から起きる場合もあります。

ゴミは、定期的に地域の分別に従って捨てている人がほとんどだと思いますが、このゴミの中から個人情報を集め、犯罪を起こしている人がいるのです。

ストーカーの被害に遭っている人の中には、面識もなく

なぜ、ストーカーに遭っているのか分からない、という人もいるでしょう。

このような場合に多いのが、ゴミの中から個人情報を集め、ゴミを捨てるときに、ダイレクトメールやATMの利用明細書、レシートなどを何も処理をしないで、捨てている人もいるでしょう。

このような場合は、とても危険でゴミの中から個人情報が漏洩しているといえます。

例えば、携帯の利用明細書。

あなたはどうやって捨てていますか。

そのまま捨てているという人、大変危険です。

携帯料金の利用明細書には、住所、名前だけではなく、電話番号、通話料金、家族であれば家族の番号も載っていますよね。

水道や電気の利用明細書であれば、いつが一番使っている時間帯かで、いつ在宅していることが多いのかもわかってしまいます。

ストーカーになりうる人に、その情報を安易にもらすことになってしまうのです。

ではどうすればそれを防げるのでしょうか。

個人情報が分かるものを捨てるときは、シュレッダーにかけて、いくつかの袋に分けて捨てるようにしましょう。

そして、ゴミを捨てに行くときも施錠を行うようにしましょう。

その理由には、ゴミを捨てに行った先で、近所の人に会った場合、立ち話をしてしまうと、家のカギを空けたままの状態になってしまいます。

統計によると空き巣の被害に遭っている時間帯は、朝のゴミ出しの時間帯も多いようです。

個人情報を守るためには、家庭用のシュレッダーや個人情報を隠すためのスタンプなども販売されています。

ゴミの中から、個人情報が漏れている意識はあまりないようですが、実は、多くの個人情報が漏れている原因でもあるのです。

ゴミを捨てる前に、面倒かもしれませんが一度シュレッダーにかけてから捨てる、このひと手間で個人情報漏えいはぐんと下がります。

あなたの安全がこのひと手間で守られることとなるのです。

1000円ほどで安全に過ごせるのであれば、安いものですよね。

各家庭にひとつのシュレッダーを私は推奨します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*